世界の皆さん。
時々は思い出してくださいね。