依怙贔屓も甚だしい雰囲気の中,勝ったのは相手の選手。
昨日のジャッジに納得している日本人はあまりいないんじゃないかな。

でも,珍しく最初から最後まで見ていた印象では,相手の方が
ダウンこそ奪われたものの手数も出ていたし,効いてないアピールが
功を奏したんじゃないのかね。

村田選手はまさに王者の戦い方。
チャンピオンの防衛戦だったら余裕の防衛成功ってところだろうけど,
挑戦者という見方をすると,ちょっと物足りない印象を持ちました。
手応えがありすぎて少し慎重に行き過ぎたかな。

あのジャッジはおかしい。こっちが勝ってたはずだ。

本人も一緒になって文句を言ってちゃしょうがないから,
何が足りなかったかしっかり反省して,もっともっと強くなって
次は誰が見ても文句のない勝ち方でチャンピオンになりましょう。

前の試合でチャンピオンになった人は若い頃の鶴太郎氏を
凛々しくしたような感じで,ちょっと笑っちゃったけど,さすが具志堅氏が
見染めただけあって見事な試合でノックダウン勝利。

ボクシングやってる時の具志堅さんはとてもいい顔をしています。