言わずと知れた,井上陽水の出世作にして代表作です。
中学の時に拾ったカセットで聴いて以来,レコードを買い,
CDも買い,40周年CDも買い,何回,いや何百回聴いた
ことでしょう。

その40周年CDについてきたDVDを久し振りに観ながら
ふと気づきました。

『開かずの踏切』に始まって『おやすみ』で終わる。これは
Back In The USSR で始まり Good Night  で終わる,
ビートルズのホワイト・アルバムに似ていると。

DVDではそんな話は出てこなかったけれど,きっとそうだと
一人で勝手に盛り上がっています。

じゃあ,Blackbiedはどれだよ?Revolution9は?そもそも
曲数が違うだろ!2枚組じゃないし・・・・・・・・・・・・・・なんて
不毛な質問は受け付けませんけど。

今日はサヨナラ勝ちでほっと一息。
勝ててよかったけど,追いつかれちゃいかんな。