空耳『チューしてね!』『鼻血ピュー!』でおなじみの
ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞に選ばれました。

まあ,佐藤栄作氏が平和賞に輝くノーベル賞ですから,
誰がもらったって驚くことはありませんが,なるほど
その手があったかという驚きはありました。

ここ最近,『今年こそは』と名前の挙がる村上春樹氏は
今年も逃しましたが,まあ,どっちが獲ったって別に
どうってことはありません。

街の声で例えると,
(村上春樹がノーベル文学賞に選ばれました。) 「へぇ。」
(ボブ・ディランがノーベル文学賞に選ばれました。) 「ほぉ。」

くらいの違いでしょうか。

今のところ本人のコメントは無いようですが,授賞式には
出席するのか?,受賞スピーチで何を語るのか?が,
気になるところです。

それにしても,ニュースで流れるのが,風に吹かれてとか
ライク・ア・ローリング・ストーンばかりなのは納得がいかんなあ。

ちなみに僕が一番好きなのは『ハッティ・キャロルの寂しい死』です。

まあ,いろいろ意見もあるでしょうが,おめでとう,ボブ。


会社の座席移動も無事終わり,多少の片付けを残すのみ。
それにしても,同じ人数が動いたのに,いろいろと足りなくなるのは
どうしてだろう?