昼間,我が家にはいろいろな物売りがやってくる。
屋根の修繕,壁のペンキ塗り,リフォームから太陽光発電,
牛乳に新聞,布団のクリーニングに味噌売りまで,
様々な商売の人が断られるためにわざわざやってくる。

そんな中,今までにはない新たな物売りがやって来た。
その名は『野村證券』。

国債がどうたらこうたら紹介するパンフレットと名刺を
置いて行った。

こんな未来の無い国の借金なんか買ってどうするんだ。
破綻すれば真っ先に紙くずだし。

そう思いながら,置いてった名刺を眺めると,裏に
『送金先』として,野村證券の口座が書かれていました。

客=ATM とでも思っているのかね。

名刺には罪はありませんが,物売り憎けりゃ名刺まで,ですわ。

私の眼の黒い内は,好き勝手にはさせませんことよ。