ほんの出来心。

思ったことを徒然なるままに。

降ったり止んだり光ったり

今日は朝から降ったり止んだり。時々,雷鳴&稲光のサービスも。
時折,大粒の豪雨が降り注いだかと思えば薄日も差したりして。
空気がとてもひんやりとしているので,窓を開けるととても快適
なのですが,雨がジャンジャカ入って来ます。
かといって,閉めると暑いので,風向きを見ながら,あちこちの窓を
開けたり閉めたり忙しいです。

こんな日は,ギターの弦でも張り替えよう。

今更ながら

謎を追う今年が20年だからというわけではありませんが,
関連した本を初めて買いました。

以前より,ボイスレコーダーの音声などは
インターネットでも出回っており,いくつか入手しては
自分なりに聞き比べてみたりはしていましたが,
きっかけはやはり先日のTBSとフジのドラマでした。

歴史に「たら・れば」はないのですが,

「なんか爆発したぞ」
この時点で,何が起こったかを正確に把握していたら,
いち早く現場に着いた米軍による救助作業がそのまま行われていたら,
もっと助かった命もあったのではないかと悔やまれてなりません。

まだ冒頭の数ページしか読んでいませんが,少し時間をかけて
ゆっくりと読んで行こうと思っています。

一汗かいたその後で

夜中,額からタラリと何かがたれる感触で目を覚ました。
「えっ?血が出た!?」と一瞬びっくりしたけど汗でした。

今日から仕事。いやだなあ。

やだぁ。もう終わっちゃったのぉ?

休みも今日でおしまい。例によって何にもしない休みでした。
予定していたことは何一つできず,ギター2本の弦を計12本
張り替えておしまい。
宝くじも当たらなかったので,明日から仕事に行かなくちゃ。

国民新党なる政党が旗揚げされました。経緯はどうあれ,どう見ても
国民のために集まったとは思えないのですが,いかがでしょうか。
調べてみると,国民党なる政党がすでに1988年に設立されていました。
こちらのほうも,あまりぱっとした活動はしていないようです。
国民国民と声高に叫ぶ人達ほど信用できなくなってしまったのは何故?

とりあえず2日がんばってみよう。

仙台の地震とコレクターズ

昼寝から覚めると,仙台の地震のニュースが。
「こないだ東京であったばっかなのに,最近多いなあ。」と思ったところで
「あ,そういえば,コレクターズ(ひいきのバンド),今日仙台でライブだ」と思い出し,
「もう着いているのかなあ。まだ東京だったら今日は行けんだろうなあ。」
と心配していたところ,東京駅で足止めを食っていたところをインタヴューされ,
なんとTBSのニュースで流れたそうです。
夕方のニュースでも流れたそうですが,どちらも見逃しました。

ライブのほうは,飛行機に変更して何とか間に合ったそうですが,
再来週,東京〜大阪のライブに行くので,裏話が聞けそうです。

終わっちゃった。

はいからや(写真は会場となったお店です。)
昨日,お盆恒例の『中学の水泳部のOB会』がありました。
毎年参加人数が減っていく中,11名が参加してくれました。
この会の特徴としては,
『来る人はほぼ毎年来るが,来ない人は全く来ない。』
と言うことでしょうか,毎年ほぼ固定メンバーです。
おまけに,顧問の先生が平成4年で顧問を辞めているので,
新しい血が入って来ない。つまり,年老いていく一方なのです。

このOB会も,かれこれ20年ほどになりましょうか,
記憶にある限りでは皆勤賞だと思います。
自分が幹事に首を突っ込み始めたのは,ココ10年ほどです。

溶け始めたアイスクリーム毎年,5月頃から幹事連中で集まって日程などを決め,
7月に案内状を発送するのですが,自分の中では
このOB会が1年の節目になっているので,
終わった瞬間から「OB会まであと1年かあ...。」と
カウントダウンを始めているほど楽しみにしています。

そんなわけで,今年もあっという間に終わってしまいました。

都合により,宴会の様子は紹介できませんが,デザートのアイスクリームでお茶を濁します。

閑話休題

幻の浴衣美人写真を整理していて思い出しました。
先日東京に行ったときに撮った写真です。
なかなか趣のある,イタリア料理店(だったかな?)ですが,
撮りたかったのはこの建物ではありません。

ジブリ美術館からの帰り,向こうの歩道に浴衣姿のおネエちゃんが
艶っぽく佇んでいました。
日頃は人物は撮らない(撮れない)私ですが,無意識のうちにカメラを向けていました。
そこでさっさと撮ってしまえばよかったのですが,ぐずぐずしているうちに,
シャッターを押す瞬間,バスが横切り.......。
気が付くと,浴衣のおネエちゃんはバスに横取りされていました。

逃がした魚は大きい。

8月12日という日

何の日?と聞かれて,どう答えるでしょうか。

今日は何の日?と聞かれれば,20年前の日航機墜落事故を真っ先に
思い浮かべますが,6月頃に「8月12日って何の日?」と聞かれても
ちょっと答えに窮します。

情けない話ですが,今日は父の誕生日ということを忘れていました。
忘れていたというよりも,知らなかったに等しいのですが。

昭和9年の生まれですから,生きていれば今日で71歳になります。
9歳の時に亡くしているので,大した記憶もありません。
声も覚えていませんし,顔もおぼろげです。甘えた記憶はありませんが
何で叱られたのか,横っ面を張られたことは妙に鮮明に覚えています。
その後に銭湯に連れて行ってもらったことも。

今一番残念なことは,時々母親が話す父との思い出話に入れないことです。

TBSとフジの日航機関連のドラマを続けて見ていて,いろいろなことが
頭を駆け巡りました。

真実は闇の中

先日の高校野球の件,「原爆は広島だけのこと」云々の発言はしていないと本人が抗議したそうな。
記事をリンクしてもまた消えるかもしれないので,あらましを書いちゃおう。
(一応リンクも→ Yahoo!スポーツ 読売新聞 )

広島代表が「原爆投下時刻に合わせて黙とうしたい」と打診

大会側は「自校で行なうなら構わない」と回答

朝日新聞の記者が「折角だから,他校の選手も一緒に皆で黙祷してはどうか」と提案

提案された時点で,広島代表が「大会側には記者から話が行っている」と勘違い

ところが朝日新聞の記者は大会側にはこの件を伝えず

こんな感じだそうです。この流れを見れば大会側の対応は
(納得は出来ませんが)「まあ,こんなもん」かもしれません。

結局,どこの時点で「原爆は広島だけ〜」と言う記事になったのかは闇の中ですが,
この問題を「言った,言わない」だけで片付けてはいけないでしょう。

「それだったら,観客にも放送を入れるから,8時15分に皆で一緒に黙祷しよう」
大会役員の中に誰か1人でもこう言ってくれる人がいれば,
今年の高校野球は特別な意味を持つ大会となったはず。
それが原因で開会式の進行や試合の開始が多少遅れようが,誰も文句は言わない。

中日が大逆転で勝ったのに,心は晴れない。

愛工大名電が長崎の清峰に負けたのも,今日が8月9日だからよしとしよう。

広島だけの問題?

昨日,こんなことがあったそうです。

朝日新聞もマズイと思ったのでしょうか,元記事はすでに削除されていますので,ここに抜粋します。

黙とう:甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止

第87回全国高校野球選手権大会に出場する広島代表の高陽東が6日、
兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、午前8時15分の原爆投下時刻を前に、
開会式に備えて集合していた他の48チームの選手たちに黙とうを提案しようとしたところ、
日本高校野球連盟の関係者から止められ、同校ナインだけで黙とうした。
学校側は前日までに大会本部などの了承を得ていたという。

関係者によると、当初は工藤真司主将(3年)が「被爆地の高校生として、
ピカドンで亡くなられた多くの人々の冥福を祈り、二度と過ちを繰り返さないことを誓います」
と宣言。他の選手たちにも、1分間の黙とうを呼びかける予定だった。

しかし、居合わせた高野連の関係者が「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」
と制した。同校ナインは列を外れ、広島の方角に向かって自分たちだけで黙とうしたという。

選手の1人は「平和はみんなで考えるべきもの。他府県の選手にも被爆の悲惨さなどを
知ってもらおうと考えたのに、止められて悲しい」とがっかりしていた。

日本高野連の田名部和裕参事は「広島のことも長崎のことも含めて、大会行事として
(終戦記念日の)8月15日正午に黙とうしており、原爆の日の黙とうを全体の行事と
するわけにはいかない。きょうの黙とうは1校でやるものと思って許可した」と話した。

(抜粋以上)

「原爆は広島だけのこと」という発言がすごい。こういう人たちに高校野球を云々されたくない。
せっかく素晴らしい提案をしてくれた選手たちが気の毒である。
別に,高野連の公式行事として取り上げろと言ったわけではないのだし,
観客の人だって諸手を挙げて賛同したはずでしょう。

『8月6日』と開会式が重なったことが過去にあったかどうかは知らないが,
たまたまにせよ,60年という節目にこういうチャンスが訪れたことに
高野連の関係者はどうして気付かなかったのか。

「15日にまとめて黙祷しているからいいじゃないの」ってモンじゃあないでしょ!

中日は逆転勝ちしたけど,なんとも気分が悪い週末になってしまった。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ